結婚指輪はカルティエで【交換をすることは決まった儀式】

指輪

婚約には贈り物が必要です

結婚

婚約は簡素化の傾向です

名古屋といえば結婚となると大変なイメージが残っている土地柄ですが、それでも最近は結婚にまつわる様々な習慣も簡素化される時代になってきているのが現実です。婚約指輪も今の名古屋の若い人たちの間ではそれほどこだわらないという人も正面から訪ねれば多いものです。しかし、とはいっても名古屋は普段は倹約をしているもののいざというときにはどかんとお金を使うという名古屋人気質も残っています。実際には結婚を控えて婚約の際に婚約指輪を交わすということは比較的習慣として続いているということが言えるのです。その金額は昔は給料何年分などといいましたが、婚約指輪は給料1か月程度で十分というのが若い人の相場観ですので、その程度であれば婚約指輪をあえて交わさないということではないのです。

指輪選びは二人ですること

婚約指輪を選ぶときに注意をしたいのは、必ず結婚する当事者二人でお店に行って好きなものを選ぶことです。なかなか相手のことを思ってこれだというふうに決めても、婚約指輪は一生ものですので、いつまでも残るものですから、特に妻となる女性の気に入るものにすることがとても大切です。少し不満があったのだけれども、相手が選んでくれたからというような婚約指輪だと、その思いがいつまでものこってしまうものなのです。ですから、二人でお店に行って婚約指輪を二人できちんと議論して、できるだけ女性の好みを反映させたものにするということが一番なのです。名古屋には多くのジュエリーショップがあり、値段も様々です。相手の女性の気に入る婚約指輪は選べるはずであることは間違いないのです。