結婚指輪はカルティエで【交換をすることは決まった儀式】

指輪

キーワードは自分らしさ

リング

どんなものが人気なのか

婚約指輪と言えば、一昔前は定番がありました。大きな一粒ダイヤモンドの立て爪タイプ、金属はプラチナというものです。ダイヤモンドの大きさや細かいデザインは色々でしたが、これが基本的な婚約指輪とされていました。今はどうでしょうか。ダイヤモンドが基本というのはまた続いていますが、デザインに関しては驚くほどのバリエーションで溢れています。可愛い系が好きな人に人気なのは大きなダイヤモンドの横に小さなピンクダイヤ等がついたタイプです。スタイリッシュ系が好きな人には大きなダイヤモンドの他に小さなダイヤがぐるりと一周しているエタニティと呼ばれるタイプが人気です。この他にももちろん様々なデザインがあり、プラチナだけでなくゴールドを使用したタイプも増えてきています。

世界に一つだけのものも

今、婚約指輪にしても結婚指輪にしても選び方のキーワードは「自分らしさ」です。自分に合ったものを選ぶというのが最も重要という価値観が今の世代の中心になっています。そのためオーダーメイドで世界に一つだけの婚約指輪・結婚指輪を作ろうというカップルも増えてきました。不動の定番であるダイヤモンドではなく誕生石や思い入れのある宝石を使うカップルも増えつつあります。更に一歩進んで自分達の指輪だから自分達の手で作るというカップルもいます。そういうカップル向けに指輪作り教室も開催され、その数は徐々に増えつつあります。定番のブランド、定番のデザインも今なお人気ではありますが、今後はこうした自分らしさをキーワードにした指輪人気が更に加速するとされています。